2013年09月29日

定期的に考えるフリーター医師の将来(医師免許さえあれば食いっぱぐれはない:日経メディカルより)

先日コメントいただいた方に紹介していただいた記事のおそらく元ネタと思われるのがこちらです。(コメントいただいた方へ、うまくリンクとべなかったので検索してみました。違ってれば再度コメントください。あと載せてよければコメント反映します)
医師免許さえあれば食いっぱぐれはない
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/career/nandemo/201307/531608.html

一部記事を引用しながらコメントします。
医師は安泰なのかという質問にたいする回答です

医師免許があれば転職先には困らない、どこでも雇ってもらえる、というのは幻想です。
一発目から目の覚める一言です。まぁ実際そうですね。いろんな医師としての特殊技能があるならでしょうけど一般的な内科で認定医程度だったらおそらく今後就職に困りそうですね

 言い方は悪いですが、「医師免許さえ持っていれば誰でもいい」という医療機関なら、医師不足の今、どんな経歴の持ち主でも構わず雇ってくれるかもしれません。ただし、そういうところは運営も、医師の扱いもそれなりであることがほとんどです。

恐らく内科分野では療養型や老犬のことをさすのでしょうか?しかしそういった結構ラクでまったりできる病院などでも給与がすごく少なかったりあまり好条件の案件では既になくなりつつあります

安易に転職を繰り返す人たち
 特に本人が望むような転職が難しいのは、数カ月とか半年程度で複数回の転職を繰り返している場合です。これは一般社会での転職と変わりません。医師の転職の支援をする中で私も時々、そうした出入りの激しい履歴書を目にしますが、やはり病院側に良い印象を与えません。最も敬遠されるケースと言っていいでしょう。


確かに最近履歴書の経歴はかなり意識しないといけなくなります。履歴書に傷がつくというのは医師でも出てきています。「なんでこの病院は一年でやめられたんですか?」とか何かトラブルをおこしやすいのでは?と考える雇う側の病院が考えるのは当然と言えば当然ですね。僕らが「この病院いつも募集でてるなぁ。あやしい」と考えるのと同じです

転職理由を聞くと、たいてい「人間関係がうまくいかない」とか「思っていたイメージと違う」といった、傍目には取るに足らないような事柄が少なくない。こうした人たちに共通するのは、毎回似たような理由で辞めているという点です。その場合、根本的な問題を解決しない限り、どこの病院へ移ろうとも状況は変わりません。

一般的な医師の正確としてある程度わがままというか我慢できないといった風潮があります。気に入らなかったらやめるという医師はすくなからずいますね
そういう人たちがよく言うのが・・・・・・・・・・・・

「雇ってくれるところがいくらでもあるのだから、我慢してまで今のところにいる必要はない」というのが、そうした人たちの言い分です。確かに今は何とかなっているのかもしれません。でも選択肢はどんどん狭まり、いつか誰からも相手にされなくなります。

という時代がもうきているのかもしれませんね

 当然と言えば当然ですよね。短い間に病院を転々としている医師から「信用しろ」と言われたところでなかなか難しい。まともな病院なら「これだけしょっちゅう病院を移っているということは何か問題があるんじゃないか」と見なして、はじめから採用しないでしょう。

 また半年や1年で辞めたら次はないと覚悟し、最低でも3、4年は一つのところに勤めてください。失った信用を取り戻す第一歩としては、これが何より肝心です。もう一度やり直そうという決意を行動で示せれば、再びチャンスは与えられるでしょう。
これぐらい腹をくくれるならそう仕事には困らないとは思いますが・・・・とにかく履歴書で短い期間で転々とするのはあまり好ましくない状況であることは間違いないでしょう

最後にこうくくっています
 医師免許があれば一生安泰ということはありません。医師としてやりがいを持ちながら安定的に長く働くためには、やはり技術と人間力に磨きをかけ続けること。至極当然であるものの、これに尽きるのではないでしょうか。

とにかく長くはたらける自分にあった常勤をさがそうかな・・・・・と思わなくもないけどフリーターってさらに将来性ないからどうしましょうか・・・・

私なりの見解?まとめ

私の場合履歴書で常勤のない空白がかなり年数が経ってきたのでよほど腹くくらないと常勤にはもどれないとおもいます。次に常勤になったらそれこそ3年以上は勤めないと行けないかなともおもっています

開業??まぁなくなりましたその線は・・・



スポンサーサイトです。まぁ可もなく不可もなく長い付き合いになってきました

医師の求人・転職・募集ならMC-ドクターズネット






posted by nkd48 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

健診バイト今むかし(三重県伊賀市へ遠征バイト)

あいかわらず生活にメリハリなく数ヶ月先のバイト埋めながら生活しております
(定期非常勤をふやそうかというジレンマにかられながら・・・)
以前のエントリーでも書きましたが旅行気分ではじめた遠征バイトに先日またいってきました。

三重県伊賀市です。私の住んでいる地域から高速と名阪国道のりついで車で130km、普通に車で二時間ぐらいかかります。

案件選び・条件
案件は健診業務で朝8時ジャストからという鬼のような早さで受付11時までとのこと。ペイは通常の1日弱分。交通費は固定1万で課税の対象とのこと・・・・(交通費で課税っていいのか??)

前泊は不可とのこと・・・ううむケチだ。
しかしまぁ健康ランドみたいなスーパー銭湯とかに泊まろうと軽く考えて勤務することにしました。
がしかし調べてみるとネットカフェも銭湯も24時間営業ではないらしい。
結局普段、よく使う系列のルートインにしました。一泊6000円と結構な痛手です。
(一応よく早朝5時とかに出発とかは自分の中ではナシです。事故とか予想外の渋滞とかでヒヤヒヤしながら運転はやりたくないので)
いざ当日現地までの道のり
前日夕方まで仕事してそのまま高速にのって伊賀へ。名阪の四日市と亀山あたりで夕方のラッシュに軽く巻き込まれるも下りなのでストレスなく走れました。名阪国道を予定通り通過しトイレ休憩一回挟んで約2時間半で上野市へ到着。

夕食さがし
あらかじめ伊賀牛というブランド牛の焼肉をしらべていたのでそちらへ
一人焼肉した。結構うまかった

チェックイン
ルートイン伊賀上野到着。この系列はよく泊まっており特に変わり映えしない。
大浴場があるのと朝食がチープながら(失礼)ついているのでまぁゆっくりくつろげた

チェックアウト
前日寝る前に地図で現地までの確認。車で10分あれば十分つきそう

健診業務
当然初めての健診会社さんなので銀行の振込先など必要事項記入。対応はまぁいい。
あたりまえだが皆関西弁である。
 健診自体は結構きて80人弱ぐらいだっただろうか11時半前に終了。

昼食
特に名産などではなく普通に洋食やさんでロコモコ丼をたべる

午後
伊賀城と忍者博物館を見て終了

帰り
帰りは夕方過ぎで高速はやはり混んだものの夕食前には家になんとか到着

・・・・・・・・・・・
と行った感じです。本当は家族とか連れていくと尚いいんですが勤務中など待たせるわけにもいかず一人旅というのもまた落ち着くのでやっております。

ところでエントリーのタイトルにある「健診バイトいま・むかし」なんですが今回の一件での以下派遣会社との成約時の対話

派遣会社「先生三重までごくろうさまです!」
小生「はい」
派遣会社「実は翌日も近くで健診あるんですが午前だけなんですがどうですか?
小生「もう一泊しないといけませんね・・・ペイいいんですか?」
派遣会社「前泊は聞いてみないとわからないですが厳しいかもしれないですね。条件は●万五千円です」
小生「はぁ????むりでしょ!」


といった感じです詳細は伏せますが給与が愛知県などの都心の相場よりちょい低いぐらいなんです。よってダンピング防止のため断りました。(またルートインに泊まったらますます足でるじゃん!)

最近の派遣会社とのやりとりとか見てるとそうなんですが需要と供給のバランスが需要の方が多いんですね
つまり
バイト探してる医師の方が多い!

ということなんです。いい案件はすぐに閉まるし・・・先ほどの案件なども5年ぐらい前までだったら
「一日分で勤務していただけませんか?」
「+◎万でなんとかおねがいできないでしょうか?」

といったことがよくあったんですが・・・

バイトに応募して充足で帰ってくるのが多くなるとやる気をなくし常勤探しをはじめちゃうんだよなぁ


スポンサーサイトです。まぁ可もなく不可もなく長い付き合いになってきました

医師の求人・転職・募集ならMC-ドクターズネット







posted by nkd48 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする