2015年01月31日

フリーランス医の春(2015年春のフリーター医師の現状と展望)

激務の勤務医から開業までのつなぎではじめたフリーター
気づいたら

4年目の春・・・

そろそろドロッポ医としても中堅ぐらいにはなってきたのかな。
常勤先が決まったらこのブログも閉鎖・・・そんなことを考えてきたが全くその気配もない。
今年もフリーター医としてネットの医師転職サイトや派遣会社の

クリック合戦!

でピコピコしながら空いてる日程の募集に応募して埋めていく日々が続きます

最近の傾向として医師バイトのペイの下げ止まりは落ち着いてきたという感じですね。もちろん地域差はあると思いますが・・・ただ

ええバイトはコンサートのチケット並に早く埋まる

この前も・・・
半日で受診予定15人でペイが一日分!!!

驚いて慌てて応募しましたが・・・結果は充足

昼ごとに募集が更新されるんですが午後の勤務おちついて15時頃に応募してたんじゃ遅いようです。
こんな事が多々あります。以前も書いたかもしれませんが一度これでフリーターがイヤになったことがあります

いい案件に群がるフリーター医としての自分

最近はそれでええじゃん!そりゃ割のいいバイトが欲しいのはみんな同じやん・・と思えるようになってきました。それで自分の時間持ちたいのでフリーターになったわけですから。

2015年のフリーター医業界と将来は??
この前コメントいただきました。今後のフリーター医の将来性や収入は維持されるのか?という内容でした。

私の回答・・・

わかりません(当然)


そりゃそうですよね。勤務医でもいまのところわからないんですから。ただ一つ言える事はフリーター医の競合は新規のドロッポ参入ではなく

ダンピング勤務医!

であるということです。フリーター医は結構増えてきているようですがリスクを嫌ってその流れは少し落ち着いてきたのかと予想されます。

このダンピング勤務医ですが定期非常勤が一番影響を受けます。さらに寝当直や健診スポットにまで影響がでてきております

定期非常勤なんて説明要らないと思いますが、例えば週一回とか外来のバイトしていたのに常勤が来たからもう結構です・・というパターン。私も数年前に経験してます。
寝当直も同様ですね。常勤医にある程度当直させるわけです。この場合スポットや定期の当直バイトより病院側は安く常勤医を当直させることができるみたいです

さて最近はこのダンピング勤務医の先生の影響で健診まで影響をうけています。というのも健診会社が常勤を確保するケースが増えてきました

以前からもあるんですが健診会社に常勤・・ってちょっとしんどいんですよね。毎日毎日100人以上聴診器あててバスに揺られる・・自分的には苦痛です

しかし市民病院の勤務医を定年?した医師などが週4とかで健診会社に転職するケースがあります。あと出産後のママドクターなども健診会社にとっては使い勝手がいいようです(ちょっと表現が不適切かもしれませんが)

健診常勤のメリットとして健診がない日は休んでも給料が発生・・・というものです閑散期などもあるんですがたいてい健診会社の本部で人間ドックなど勤務はあるようです。また常勤医になる場合乳腺でマンモ読影とか放射線医で読影できる医師は当然優遇されます

健診会社にとってこの常勤医は突然のドタキャンするスポットフリーター医の抜けた穴を埋めてくれるので確保したいようです。

スポットバイトが超直前に急募が入るのにペイが全く上がってこないのはこういった事情があるのかもしれませんね

といった感じで2015年春からも不安定なフリーター医業界をゆらゆらさまよっていきたいと思います

・・・・・・・・・
ここからスポンサーサイトです。なにげにこちらもダンピング?が起こっているのか紹介料下がった気もしますがよかった登録してください。私も定期非常勤を何件かこちらから頂いております


posted by nkd48 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする