2016年05月12日

健診バイトだけやっていきたいという若手医師を踏みとどまらせた話

ゴールデンウィークも過ぎてそろそろ研修医も程よく手を抜いたりしはじめる時期なんですが私は夏の閑散期までは健診バイトを目一杯入れて頑張っています。もうすぐ市民税の支払いもくると思うので頑張らないと・・・

さて先日勤務医時代の後輩と食事をしたんですがその時に・・・

「健診だけでやっていきたいんですぅぅぅ!!!!」
という訴えがありました。

多分、大きい病院勤務でいそがしかったり人間関係でメンタルがやられている様子でした。
私は必死で止めましたよ

というのも私も健診バイトを週の半分は入っていますが一応病棟管理、内科外来、在宅と業務分散しております。リスク分散という意味合いなんですが実際健診だけでやっていくのはお勧めしません

特に若手の時に健診会社の常勤になってしまうとモチベーションというか

「おれなにやってんだ?」

とふと思って結局→メンタル崩壊・・という流れになることは想像に難くありません
しかもここからまた勤務医に戻るのは容易ではありません

私も含めてなんですがメンタル弱いと仕事激務でダメになるのは当然なんですが実は全く負荷がかからないのもマイナスになります。 メンタル弱いくせに多少やりがいを求めるというわがままな一面があるんです

なので週の半分程度までにとどめて療養型とか老健でもいいので病棟管理などやっていくのがいいと思います

しかし最近健診会場などでいままでおじいちゃん医者と会う事が多かったんですが私より若い30歳ぐらいの若手の先生もよく見かけます

フリーター医なのかわかりませんが人生を謳歌してるというか生き生きしてますね。ドロッポ医になろうが健診医になろうが結局は自分自身のキャラクターだけの問題なのかもしれませんね

・・・・・・・・・・・・・
ここから広告です
当ブログから登録していただく方非常にまた増えておりまして特にこちらもコンスタントに登録増えています

メジャー系の派遣会社だけでなく複数登録しないと最近どのバイトも充足で締め切りになることも増えてきています。何事も分散しておく必要がありますね





////
posted by nkd48 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする