2017年01月20日

2017年のフリーター医師の現状(筒井冨美さんの「医師の稼ぎ方」を読んでみた)

一度フリーター医になるともう勤務医にもどりにくいのか?

そういうコメントをいただきましたが答えはイエスでもありノーでもあります。というのも現状では地方の老健や在宅など医師の足りていないところは多々あり求人はまだまだ十分あります。なのでフリーターのダンピングで常勤に戻りたくなったら仕事の条件で余程のわがままを言わなければ仕事は見つかると思います。

しかし割とアクティブな市民病院クラスになると履歴書の空白なども見逃さず突っ込んでくることが多々あります。さらに他の業種とおなじように前職にどういう人間か問い合わせたりすることもザラにあります。

特に医者は性格的に問題になる人種が多いように私自身も思っていますので採用する側も慎重になります。なのでフリーター医歴が長いだけでなくブランクや病院を転々としている場合は就職に不利になると考えていいでしょう

さて先日書店で一冊の本に出会いました
フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方 (光文社新書) ・筒井 冨美 (著)
8A564B40-B978-49A7-8AA7-7FAD089C4586.JPG・・


結論として私の欲しい情報はあまりなかったです。読者のターゲット一般の方で
「医者ってどうやってお金をかせいでるんだろう?最近はやりのドクターXみたいなフリーランスっているの?」
という疑問の答え・・・といった感じでしょうか

本文中で医師免があればだれでもできるフリーター医と専門職があり自分の腕でバリバリできるフリーランスを明確に区別して書かれておりまして著者の富井さんがばりばりな前者に属するためにわたしのようなフリーター層がどうやったら生き延びていけるのかという明確な答えはみつかりません。あえて本文中の言葉で引用させていただくなら
「有能は厚遇、低脳は低遇、無能は淘汰」
の一言に尽きます。

全くその通りと思います。本書は是非みなさんに読んでいただきたいんですが人の人生ひとそれぞれです。医師になったからカネのことばりばり考える必要はないんです。自分だけの時間もつのに重きをおいてもいい。自分の人生設計で医師という職業についたことの意味を考えてみるのもいいと思います

・・・・・・・
最後にスポンサーの紹介です。当ブログから定期的に医師派遣会社に登録して下さるひとが増えています。やはり先ほどの筒井さんの書籍にもでてきましたが「ネットによって教授の権威が衰退」するぐらいネットでスポットだけでなく常勤先まで探せる時代がきました。しかしスポットの条件のいい案件はクリック競争が激しくなってます。さらに春からまたペイが下がってきているところもあります。

先日定期的にスポットでまわってきていた案件が大幅に減って派遣会社に聞いたら非常勤医師を確保したとのことでした。さすがに私もあてにしていた案件なので定期非常勤になろうかとおもったんですがそうなると一回あたりの単価がスポットよりかなり下がるとのことでした。

病院側も定期非常勤である程度単価抑えてどうしても埋まらないとこは多少値段あげてもスポットで補うんですね。当然といえば当然ですがこの多少単価低くても非常勤になる層が今後増えると我々スポットで好き勝手休んだり働いたりしている層はくるしくなってくるかもしれません



posted by nkd48 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック