2016年03月03日

そろそろ詰んできた?フリーター医事情

お久しぶりです。今回は年度が変わるのでドロッポ医のわたくしの近況も当然(笑)変わりましたのでお伝えします

まず
来年度は・・・あいもかわらずフリーター・・!

以上

そう何も変わらないんですが私の手応え的に少しフリーター医じわじわ来てます。ヤバい方に・・・
でも

安心してください!
全く根拠なく個人的な意見ですから

どういうことか以下だらだら下書きなしに書いていきます

結局私は4月からもこのままフリーターで定期非常勤2日。それ以外にスポット勤務で行くつもりでした。

(この記事から読んでいただいている方のためにこれがどういうことか簡単に説明しますと例として月曜と木曜は毎週決まった病院で勤務する定期勤務。後の曜日は全て単発バイトを入れるというものです。
 当然定期非常勤は絶対毎週仕事があるので安定。スポットは仕事があるときとない時があり不安定。しかし定期非常勤は休めません・・・なので多少不安定でもスポットを多めに私はしております)

さて話戻しますが結局4月から変わったのはスポットのダンピング&勤務縮小です。

ダブルできちゃいました。ちょうどこの時期に言われるんだから困ったものです。具体的には私のスポット行っていた会社には俗にいう閑散期にも案件は基本的に安定していました。これが事業縮小と常勤医の増加で勤務数が激減すると・・・そして更に単価が減るということが決まりました。

この現象を英語で言うと・・・ダブルパンチ!

少し泣きそうなんですが私は結局フリーター医継続で行く事にしました
っていうかこの時期に急に常勤先探す程フットワークよくねぇし。

結局収入は?って話になるんですがこれ非公開コメント欄で具体的に年収どれぐらいなのか質問あったんですが以前このブログで具体的な額を書いたら一般の方から痛烈にぶっ叩かれ炎上して鬱になったので差し控えますが額面的にはコメントいただいた勤務医の先生と同額程度です。当然私の方はここからまともに年末に所得税控えれますし社会保険もないので国保で健康保険かかります

一年間定期非常勤週2、3回とそれ以外はほぼスポットで結局週4.5.6日ぐらいは流動的ですが働いていますので一般的な勤務医の先生の常勤ぐらいの年収にはなります・・額面的にはね

しかしここから税金系ひかれるのと・・・全く先の見えない不安という大きなデメリットがあります。
これらを考えてどちらがいいか考える必要があります。

私自身当然安定した将来あるほうがよかったんですが激務でメンタルおかしくなりフリーにドロッポしたので冒険ややりたいことしたいからこの業界に飛び込んだわけではありません。満員電車が窮屈で息がつまったので途中の駅で降りた・・こんな感じです

今年度の勤務体系まとめ
まぁ結局スポット減ると年収も数百万ぐらい下手したらへるんですがここで私が手を打とうとしていること
・別のスポットをさがす(ペイの安い案件でも)
・当直など時間外も働く


という事になります。結局ダンピングに抵抗して極端に安い案件は入らないようにしてましたがもうフリーター医業界は健診業務では医師の単価の下げ止まりは望めないという感触を持ってます(あくまで個人の意見です。裏をとってません)

不眠の原因になるのでやめていた当直を少し増やす事にしました。スポット健診でやはり一日200人を診るのは私には重荷です。寝当直2回するのと天秤にかけたときこちらの方がまだ精神的な負担が少ないかと私自身は考えるようになりましたので当直をスポットがない時は入れるようにしました。でも結局スポットがないときなので寝当直でも明けは休みにしました。

まぁこれで何とか今年度も多少収入が減ったりはありますが多少慣れるまで精神的な負担はありますがなんとかやっていけそうです。

それと状況が変わってきたときは登録している派遣会社の担当者と面談することが大事です。私は基本的に連絡はすべてメールで行っておりますが具体的な状況などは面談して具体的に聞いた方がいいですね。

私もこの時期、確定申告などでバタバタなんですが少し登録している派遣会社の担当と個々に会うことになりました。

以上です。ここまで読んでいただいて勤務医の先生とかどう思いましたか?

めんどくせぇ!

そう考える方が多いと思います。はよ開業しろよ・・って言われる事もあるんですが今のところ自分の個人的に気楽なフリーターでもうしばらく行く事になりそうです
・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからスポンサーサイトです。
よかった登録してください。私も定期非常勤を何件かこちらから頂いております



posted by nkd48 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

フリーター医の後ろ盾はない・・

相変わらず全く更新できておりませんが忙しくやってますよわたくしは・・・

フリーターを!

・・というわけで全く更新していませんがコメントいただいたり読んでいただいている方も多いので雑記と近況を書かせていただきます

まずコメント
要約:フリーターで医行為で冷やっとした経験があり常勤に戻った先生
(かいつまんでるのでもしかするとコメントの主旨を読み取れていないかもしれません。コメントありがとうございました)

回答、感想:
フリーターになって不安なのが医療ミス、医療過誤です。

もちろん医者をやっている限り開業医であろうが勤務医でも同様です。

私がやっていることは医療保険に入る。これは元の所属していた病院から引き続き入っています。掛け金をはらって数億円おりるというものです

フリーターの保険として民間医局などがありますね





・・・・・・・・・・・・・
次にいただいたコメント
要約:現在の勤務体系が激務で少し医師としてのQOLのいい病院につとめたい

回答:残念ながらわたくし質問いただいた方の地方に関しては全く知識がなくいい病院はわかりません。結局のところ登録会社、派遣会社の方が実際は詳しい事が多いです。

 そういった会社は常勤となると当然勤務が確定すると非常勤と比べ物にならないぐらいバックが入るので必死で探してくれます。常勤は依頼した事が私自身はないんですが派遣会社も全く条件に合わない病院をムリに押し付けてくる事もなさそうです。まぁ信頼関係ですからね。一度医者がヒドい目にあったらもうそこには頼まないでしょうからね

 あと医者が決まってもすぐやめた場合は派遣会社に紹介料はバックされないということも聞いたことがあります。過去に医者と派遣会社がぐるにになって転々としたという事例があるみたいです。自分の履歴書を汚してまですることなんでしょうか?疑問ではありますが・・・
 
 結局派遣会社の常勤の検索で自分の条件を入れてみてください。少し疲れて自分のQOLを上げたい場合は
「ゆったり勤務」「救急指定なし」「当直なし」「週四日勤務可」などで検索できます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後にわたくしの近況
「まったくかわりなし」(笑)


この時期10月から11月は忙しいです。
健診のシーズンでもありますし、インフルエンザ接種もあります。外来のバイトも気候の変化で体調を崩される方も多いです。
しかし12月の案件はやはり激少ないです!
中旬以降はほとんど仕事がありません。少し寝当直を入れようかと思っていますが年末年始はしっかり休んで実家に帰ります

フリーターになってストレスフリー???
私の結論は・・

ノー!

です。生まれて初めて円形脱毛症ができました。
しかも大きい!そして多発・・・

円脱ももちろん精神的なものだけでなく自己免疫的な面もありますがやはりストレスがどこかでかかっているようです。

でも人間関係や他科との軋轢もなくのんびり人生を送る事ができています。
まだまだフリーター医生活はつづきます

いつもアクセスありがとうございます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからスポンサーサイトです。
よかった登録してください。私も定期非常勤を何件かこちらから頂いております



posted by nkd48 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

まもなくフリーター医の夏休み【ブランクのある医行為(注射とか穿刺)】

ご無沙汰しております(笑)
まぁこのブログはフリーター医に興味のある方や最近周りに

”なんか常勤先もないふらふらした医者おるけどアレ何???”

と疑問を抱いた方がアクセスしてくださるようです

さて私の方は何も代わり映えしない日々を淡々と送っております。

フリーター医として今のところは大きく変化のない安定した生活です。もちろん毎度毎度のことですが

将来は全くなんの保障もないよ

という事です。

こんな怖い事ようするわ!

全くおっしゃる通りです。しかし常勤だから安定しているのか?鬼のような激務とか医局からの無茶ぶりで人間的におかしくなるような医者生活で医者として患者さんに人間らしく接することができるの?と思ったりもします・・・

まぁフリーター医の私がこんなことえらそうに語っても始まりませんので今回のエントリーにもどります

実戦から離れたフリーター医が注射などの手技を習得するには??

先日コメントいただきました。基礎医学など専攻されている方がインフルエンザの予防接種の注射などの案件をする場合どうしたらよいか・・というものでした

よくあることです。例えば研修医になったばかりで妊娠した女医さんとかも復帰するときにこういったことに不安を持って結局健診オンリーバイトというケースもよくあります。

どうすればいいでしょうか?

対策:卒業した大学の病院、以前の勤務先の病院に相談

自分の母校というのはこころ強いものです。大学病院は当然教育病院ですのでポリクリなど学生の指導もしていますので学生に注射の練習とかさせて学生同士で注射ととりあいなどしたりしますよね

こういったものに混ぜてもらうんです。ちょっと学生にまざるのに抵抗がある場合は昔の同級生とか友達に臨床医はいませんか?そういった人に相談してみて診察の片隅とかに採血や注射のセット用意して見てもらうのも手です。

もう結構医者として年数経っている方であれば同僚に開業したりしている人いませんかね、そういうクリニックとかで診療後などに教えてもらう。たいていそういったクリニックは医療行為一般はベテラン看護師がやっているのでそういう人に教えてもらうのがはやいですね

フリーター医は私もそうですが基本的にボッちが多いのであまり同僚などつながりが少ない事があります、人脈などがない場合どうするか?

看護師の復職セミナー
これはその名の通りナースセンター、ナースプラザなどでやっている研修です。たいてい医師のバイトの派遣会社はナース用求人も扱っているはずです。看護師さんの場合ブランクがあって実戦から離れている方も多いので手技的な不安がつきまといます

こういったものに医者が参加できるかは私にはわかりませんが恐らく事情を話せば可能と思いますので一度相談してみてはどうでしょうか?

「看護師復職支援」「看護力再開発」「看護師ブランク、注射」
などで検索してみてくださいね

今回は以上です。

暑い夏を今年もバカンスをはさみつつフリーター医として頑張っていきたいところです。まぁしかし定期非常勤があるとそんなに長い休みって実は常勤医よりとりにくいんですけどね・・・とほほ


・・・・・・・・・
ここからスポンサーサイトです。
よかった登録してください。私も定期非常勤を何件かこちらから頂いております



posted by nkd48 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする