2013年09月29日

定期的に考えるフリーター医師の将来(医師免許さえあれば食いっぱぐれはない:日経メディカルより)

先日コメントいただいた方に紹介していただいた記事のおそらく元ネタと思われるのがこちらです。(コメントいただいた方へ、うまくリンクとべなかったので検索してみました。違ってれば再度コメントください。あと載せてよければコメント反映します)
医師免許さえあれば食いっぱぐれはない
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/career/nandemo/201307/531608.html

一部記事を引用しながらコメントします。
医師は安泰なのかという質問にたいする回答です

医師免許があれば転職先には困らない、どこでも雇ってもらえる、というのは幻想です。
一発目から目の覚める一言です。まぁ実際そうですね。いろんな医師としての特殊技能があるならでしょうけど一般的な内科で認定医程度だったらおそらく今後就職に困りそうですね

 言い方は悪いですが、「医師免許さえ持っていれば誰でもいい」という医療機関なら、医師不足の今、どんな経歴の持ち主でも構わず雇ってくれるかもしれません。ただし、そういうところは運営も、医師の扱いもそれなりであることがほとんどです。

恐らく内科分野では療養型や老犬のことをさすのでしょうか?しかしそういった結構ラクでまったりできる病院などでも給与がすごく少なかったりあまり好条件の案件では既になくなりつつあります

安易に転職を繰り返す人たち
 特に本人が望むような転職が難しいのは、数カ月とか半年程度で複数回の転職を繰り返している場合です。これは一般社会での転職と変わりません。医師の転職の支援をする中で私も時々、そうした出入りの激しい履歴書を目にしますが、やはり病院側に良い印象を与えません。最も敬遠されるケースと言っていいでしょう。


確かに最近履歴書の経歴はかなり意識しないといけなくなります。履歴書に傷がつくというのは医師でも出てきています。「なんでこの病院は一年でやめられたんですか?」とか何かトラブルをおこしやすいのでは?と考える雇う側の病院が考えるのは当然と言えば当然ですね。僕らが「この病院いつも募集でてるなぁ。あやしい」と考えるのと同じです

転職理由を聞くと、たいてい「人間関係がうまくいかない」とか「思っていたイメージと違う」といった、傍目には取るに足らないような事柄が少なくない。こうした人たちに共通するのは、毎回似たような理由で辞めているという点です。その場合、根本的な問題を解決しない限り、どこの病院へ移ろうとも状況は変わりません。

一般的な医師の正確としてある程度わがままというか我慢できないといった風潮があります。気に入らなかったらやめるという医師はすくなからずいますね
そういう人たちがよく言うのが・・・・・・・・・・・・

「雇ってくれるところがいくらでもあるのだから、我慢してまで今のところにいる必要はない」というのが、そうした人たちの言い分です。確かに今は何とかなっているのかもしれません。でも選択肢はどんどん狭まり、いつか誰からも相手にされなくなります。

という時代がもうきているのかもしれませんね

 当然と言えば当然ですよね。短い間に病院を転々としている医師から「信用しろ」と言われたところでなかなか難しい。まともな病院なら「これだけしょっちゅう病院を移っているということは何か問題があるんじゃないか」と見なして、はじめから採用しないでしょう。

 また半年や1年で辞めたら次はないと覚悟し、最低でも3、4年は一つのところに勤めてください。失った信用を取り戻す第一歩としては、これが何より肝心です。もう一度やり直そうという決意を行動で示せれば、再びチャンスは与えられるでしょう。
これぐらい腹をくくれるならそう仕事には困らないとは思いますが・・・・とにかく履歴書で短い期間で転々とするのはあまり好ましくない状況であることは間違いないでしょう

最後にこうくくっています
 医師免許があれば一生安泰ということはありません。医師としてやりがいを持ちながら安定的に長く働くためには、やはり技術と人間力に磨きをかけ続けること。至極当然であるものの、これに尽きるのではないでしょうか。

とにかく長くはたらける自分にあった常勤をさがそうかな・・・・・と思わなくもないけどフリーターってさらに将来性ないからどうしましょうか・・・・

私なりの見解?まとめ

私の場合履歴書で常勤のない空白がかなり年数が経ってきたのでよほど腹くくらないと常勤にはもどれないとおもいます。次に常勤になったらそれこそ3年以上は勤めないと行けないかなともおもっています

開業??まぁなくなりましたその線は・・・



スポンサーサイトです。まぁ可もなく不可もなく長い付き合いになってきました

医師の求人・転職・募集ならMC-ドクターズネット






posted by nkd48 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

健診バイト今むかし(三重県伊賀市へ遠征バイト)

あいかわらず生活にメリハリなく数ヶ月先のバイト埋めながら生活しております
(定期非常勤をふやそうかというジレンマにかられながら・・・)
以前のエントリーでも書きましたが旅行気分ではじめた遠征バイトに先日またいってきました。

三重県伊賀市です。私の住んでいる地域から高速と名阪国道のりついで車で130km、普通に車で二時間ぐらいかかります。

案件選び・条件
案件は健診業務で朝8時ジャストからという鬼のような早さで受付11時までとのこと。ペイは通常の1日弱分。交通費は固定1万で課税の対象とのこと・・・・(交通費で課税っていいのか??)

前泊は不可とのこと・・・ううむケチだ。
しかしまぁ健康ランドみたいなスーパー銭湯とかに泊まろうと軽く考えて勤務することにしました。
がしかし調べてみるとネットカフェも銭湯も24時間営業ではないらしい。
結局普段、よく使う系列のルートインにしました。一泊6000円と結構な痛手です。
(一応よく早朝5時とかに出発とかは自分の中ではナシです。事故とか予想外の渋滞とかでヒヤヒヤしながら運転はやりたくないので)
いざ当日現地までの道のり
前日夕方まで仕事してそのまま高速にのって伊賀へ。名阪の四日市と亀山あたりで夕方のラッシュに軽く巻き込まれるも下りなのでストレスなく走れました。名阪国道を予定通り通過しトイレ休憩一回挟んで約2時間半で上野市へ到着。

夕食さがし
あらかじめ伊賀牛というブランド牛の焼肉をしらべていたのでそちらへ
一人焼肉した。結構うまかった

チェックイン
ルートイン伊賀上野到着。この系列はよく泊まっており特に変わり映えしない。
大浴場があるのと朝食がチープながら(失礼)ついているのでまぁゆっくりくつろげた

チェックアウト
前日寝る前に地図で現地までの確認。車で10分あれば十分つきそう

健診業務
当然初めての健診会社さんなので銀行の振込先など必要事項記入。対応はまぁいい。
あたりまえだが皆関西弁である。
 健診自体は結構きて80人弱ぐらいだっただろうか11時半前に終了。

昼食
特に名産などではなく普通に洋食やさんでロコモコ丼をたべる

午後
伊賀城と忍者博物館を見て終了

帰り
帰りは夕方過ぎで高速はやはり混んだものの夕食前には家になんとか到着

・・・・・・・・・・・
と行った感じです。本当は家族とか連れていくと尚いいんですが勤務中など待たせるわけにもいかず一人旅というのもまた落ち着くのでやっております。

ところでエントリーのタイトルにある「健診バイトいま・むかし」なんですが今回の一件での以下派遣会社との成約時の対話

派遣会社「先生三重までごくろうさまです!」
小生「はい」
派遣会社「実は翌日も近くで健診あるんですが午前だけなんですがどうですか?
小生「もう一泊しないといけませんね・・・ペイいいんですか?」
派遣会社「前泊は聞いてみないとわからないですが厳しいかもしれないですね。条件は●万五千円です」
小生「はぁ????むりでしょ!」


といった感じです詳細は伏せますが給与が愛知県などの都心の相場よりちょい低いぐらいなんです。よってダンピング防止のため断りました。(またルートインに泊まったらますます足でるじゃん!)

最近の派遣会社とのやりとりとか見てるとそうなんですが需要と供給のバランスが需要の方が多いんですね
つまり
バイト探してる医師の方が多い!

ということなんです。いい案件はすぐに閉まるし・・・先ほどの案件なども5年ぐらい前までだったら
「一日分で勤務していただけませんか?」
「+◎万でなんとかおねがいできないでしょうか?」

といったことがよくあったんですが・・・

バイトに応募して充足で帰ってくるのが多くなるとやる気をなくし常勤探しをはじめちゃうんだよなぁ


スポンサーサイトです。まぁ可もなく不可もなく長い付き合いになってきました

医師の求人・転職・募集ならMC-ドクターズネット







posted by nkd48 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

医者の寝当直バイトとかって何してんの?:土日の連直(寝当直で二泊)

最近レギュラーでやりたくないけどたまには息抜き?に当直をしています。本当にたまにですが・・
当直もさまざまなものがありますが私の場合

・軽症含めて外来なし(救急指定とか論外)
・ほぼナチュラル(DNRってことですね)
・あと院長なり常勤医オンコールあり

という条件でやっています。

・まず外来なしですがこれは病棟管理のみということです。たまに風邪とかの患者さんとか病院の前で急に腹痛とかかかりつけの患者さんが飛び込みとかあるんですがそういうのもないところを選んでいます。当然当直までいって外来診療とか自分的にはやりたくないからです。がしかし逆にこういったもの例えば救急の時間外外来があるところなど当然当直料もあがります。当然ですね。あと救急指定だと当然上がりますが当然寝れません。挿管・ナート要!といった案件は絶対に手をだしません。昔は救急やってて若かったのでこういったバイトに常勤の病院あるのに行ってました。常勤の病院より時間によっては救急車が多いんですよね。しかし軽症の救急車と交通外傷が多かったです。まぁ病院側の姿勢というかそういうことですね。(加算の問題とか)

・二つ目のナチュラルコースですがこれも当然患者さんが急変してあれこれ処置や治療すると大変だからです。そういった病院には行きません。療養型などの病院で患者さんもご家族もDNRを希望されている病院のほうが医師にとっても患者さんにとっても負担は少ないですからね

・三つ目ですがまずこういうトラブルはありませんが何か病院で問題が起こった時などに院長なり常勤医に連絡がつくかどうか確認が必要です。病院によっては院長先生が病院の横とかに住んでいる事があるので安心です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というわけで前置きが長くなりましたが

先日、週末の当直にいってきました。一度平日に行った事がありました。

土曜は午前中人間ドックのバイトをしていますので昼過ぎに終わり昼食をたべて一旦家にかえりました。
夕方家で風呂に入って早めに食事をとって当直先に向かいました。

勤務は土曜19:00入りで月曜の7:00までです。
施設によって入り時間とか上り時間は調節できます。それによって当直料を削ってくる病院もあります。
こちらの病院は当直料がかわらないので入りも上がりも数時間ずつ削りました。月曜は朝からバイトありますからね

ここで持ち物をリストを・・・
・白衣(用意されることがおおい)
・ジャージ・オペ着・スクラブ(これはパジャマとして)
・聴診器(当然仕事道具)
・洗面道具(ボディソープとかシャンプー・歯磨き)
・タオル・バスタオル(ほとんど用意されてますが・・)


はじめての場合
・ハンコ・銀行の口座番号
・医師免許・保険医のコピー


あと仕事上医学書
特に薬の本と救急マニュアルは必要になってきます
これらはたいてい当直室とか医局にころがっていますが持っていくことをお勧めします

時間つぶし系
これ大事です
・食材(お菓子・ジュース・コーヒー・栄養ドリンク・カップラーメン・チンするたべもの)
・パソコン(当然ノートパソコン)
・LANケーブル(有線でも一応持っていきます)
・DVDで映画とか


あと忘れると死ぬのがライフライン
携帯の充電系です。


ネットは病院によって当直室に完備してることもありますが私は自前のwifiを持っていくようにしています。つながらないと私は生きていけないので・・・。

・といったかんじです。
結構病院による差があるのが寝室・食事・風呂です。

汚い当直室にじめーっとした布団などは本当に不快でかゆくなりそうになります。医局のソファで寝た事もあります。
食事に関しては病院の検食などのことがあります。こちらもあまりおいしくないので断ってコンビニで買いにいくことがあります。
風呂も同様です。とてもじゃないけど入れない汚いシャワーとかあります。お湯をはるとかはないですね。こういう時は汗ふきデオドラントペーパー?的なもので対応します。ってまぁ泊まりにいっているのですし急変などいつあるかわかりませんから・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・
結局、土曜の夜に着いてナースステーションにあいさつしてあぶない患者さんがいないか聞いて当直室に入りました。医局は大きなテレビ・DVDデッキ・医局内にユニットバス・パソコンLANのパスワードあり。

あとこれは女性で当直される方注意してほしいんですが当直室とかにやたら男性向け雑誌・DVDがあることがありますので注意してください。こちらの病院は白衣のあるロッカーにロッカー一つマルマル男性向け雑誌とDVDでした。私は普段あまり買わないので楽しみにしてましたが若干趣味に偏りがあるものが多く見ませんでした。

結局夜中までネットしてオペ着上下に着替えて寝ました。結構ねごこちはいいんですが眠りは浅いです しかし明け方呼吸苦の患者さんで起こされました。幸い心不全ではなさそうで喘息発作で吸入と点滴して安定しました。ついでのコントローラのICS増量しておきました(テオドールとかひさしぶりに見ました。化石ですね)

そのあと朝8時ごろ連絡あり何事かとおもって行くと朝食とのこと。まぁみそ汁とご飯と卵焼きといった感じです。昼と夜は断りました。

午前中は映画一本見てもう昼。病棟に携帯の番号をつたえ近くのコンビにで昼ご飯と夜ご飯とおやつを購入。コーヒーとカップ麺もお湯があるので購入しました。あとビジネス雑誌数冊かいました。

昼はコンビニのサラダとパンをたべました。院内ピッチがつながるのを確認して自家用車の車内が汚いので掃除しました。ついでにストレッチと体操をしました。部屋にもどりテレビ。日曜の昼間の番組とか見るのは久しぶりです。いつのまにか昼寝していました。

夕方になりました。ここで夜に寝れなくならないようにカラダを動かしました。腹筋ローラーとチューブトレーニングしました。医局でできるのはこの辺りまでです。人が入ってきたら多分引くでしょうね。 

夜になり食事はレンジでチンするラザニアと豚汁という組み合わせ。買ったビジネス雑誌よみながら録り貯めてあるドラマを見ました。早めにシャワー浴びとこうと用意していると昨日と別の病棟からコールあり。患者さんの転倒とのこと。向かうと車いすからベッド移乗で転んだ程度とのことひとおり診察。切り傷程度でナートなど必要なさそうで経過観察としました。
 当直室にもどり早めにシャワーを浴びました。夜はメールチェックして来月以降のバイトの調整やらしながら夜も更けてきましたが寝れず。二回分ほどドラマみてストレッチして就寝。

 朝6時頃目が覚めて病院を出発する準備をしてるときにコール!えええ?7時に出たいのに!!結局NG抜去で再挿入してくれとのことでした。夜中に抜いたけど寝かしてくれたようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以上で長い当直はおわりました。そのままモーニングを食べてから定期の病院に向かい月曜がはじまりました。こういった寝当直結構多いと思います。私の研修医時代とかよく行きましたが最近の?若い医師とかもあまり週末とかバイトしたがらないと聞いた事があります。結局当直料、つまりペイは10ウン万で平日2日昼間働くぐらいのペイだったんですが一長一短です。
 しかし一番大きいのが家庭持ちの私にとって一人ですごす週末は滅多というかまずないんですがそういう時間をもてたことかもしれませんね。ここだけの話・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここから広告です
医師のバイトは派遣会社ですが1社のみということはないです。
私は10社近く登録しています。確かに個人情報とか漏れている可能性もありますが10まで行かなくても
ある程度信頼のおける派遣会社を数社は登録しておくことをお勧めします。
登録だけならそう向こうもいろいろ案件を勧めてきたりといったことはありません。
登録するといろいろ厄介で心配という方が多いですが軽く面談があってどういった案件を希望してるかなど打ち合わせをする程度の事が多いです。
登録料などとられたりしません。しつこい勧誘もないですね。というのもどちらかというと案件は飽和気味で
わりと間に合っている感がでてるぐらいですからね・・・・
医師の求人・転職・募集ならMC-ドクターズネット











posted by nkd48 at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

内科以外の医師が内科健診または内科医師が他科の健診などバイトをしてよいのかどうか

まず業務連絡です。コメントをかなりいただいております。誹謗中傷からフリーター医師についての質問など多く寄せられております。全て目をとおしておりますが承認制にしております。あまり具体的なものなどはこちらでコメントを反映しないようにしています。申し訳ありませんがコメントを載せたくない場合かならずNGの旨を明記してください。ない場合は場合によって載せてしまう可能性がありますのでご注意してください。ちなみにメアドは反映されないようです

さて今回は質問いただきました。内科医以外の医師。例えばマイナー科(失礼な言い方ですがご了承ください)でバイト医しているが内科の健診などできるかどうか・・といったものです。
 実際こういった質問多いんですが私自身意外でした。というのがたいていの内科以外の先生の場合
内科の健診なんて聴診器チョンチョンあててりゃいいんだから楽勝っしょ!」
的なノリの先生が多いからなんです。普通の(?)内科医にも健診医なんてそういう扱いです。しかしこういう質問が多いのはやはりバイトとはいえかなり自分の仕事に真剣にお考えの方の質問だとおもいます(まぁこういった考えの方が普通といえば普通の感覚なんですが・・・)あと恐らくメディコリーガルな部分も多いのかと思います。
 まずそういった不安のある場合、登録している派遣会社などに業務内容の問い合わせと自分が内科以外だけど内科健診ができるか問い合わせてもらうので堅実ですね。
 業務が決まったらあとは流れは一般的な解説は以前のエントリーを参照してください

よくある質問:健診バイトってどんな感じなの?:
こちらのエントリーは初めて健診される方に好評ですよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あと内科の健診をしたら身体所見をしっかりとれないといけないとお考えの方が多いのですが
実際はふるい分け(スクリーニング)できればいいとお考えください
例えば頸部に放散するだの駆出性雑音だのといった聞き分けは不要です(私は総合診療医・救急医ですので当然できます)
健診の目的は
本人がまったく気づいていないで過ごしてる。健診に来た。来年の健診まで放置してよいかを判定」
するわけです。なので心音不整でおかしい→内科で抗凝固とレートコントロールしてる。といった人はあまり意味がない訳です。なので循環器とか呼吸器疾患でかかりつけある人は基本かかりつけで・・・
といったスタンスでほぼいいですね。そうなってくると呼吸音なんてほとんど症状のない人で意味がないと言えます。基本的にレントゲンもセットでおこなわれますからね。
 しかし過去に心臓の音を聴いていて全く聞こえないなぁとおもってクビをかしげてたら
受診者さんが「何か?おかしいですか?」と聞いてきたので「ちょっと心音弱いのかうまくきけないんです、すいません」といったら「私右胸心なんです!いつもなにもいわれないんで黙ってました」
という事がありました。やはり心音はしっかり聞かないといけませんね。
という訳で逆のパターン内科医→他科のバイトについてはまたの機会にします

最近こちらの会社を登録してくださる医師が増加しています
またフリーター医流入がはじまったのでしょうか?
一時期にくらべ当ブログのアクセスも増えました



株式会社 メディカル・コンシェルジュというところがやってるMCドクターズネットです
スポットで私の住んでいる東海地方はあまり強くない印象がありますが大阪・東京首都圏は豊富にあります
posted by nkd48 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

フリーター医と寝当直

ここからご覧のみなさま、一応一個前のエントリーとつながってますのでそちらもご覧いただけますと幸いです(._.)
こちらからどうぞ
フリーター医師とマンネリ: ドロッポと開業を夢見る救急医

さて一日の健診バイトに疲れ寝当直って逆に疲れそうなもんなんですが一概にそうでもありません。最近近場ではなくプチ観光を兼ねて遠方に行くようにしてます。この前行ったのは三重県伊勢・松阪方面なんですが19床の療養型
普段は院長先生のみでやられてるらしいのですが日曜の夜に医師会かなにかの打ち合わせで病院を開けるとのこと。ペイは名古屋市、岐阜市のアクセスのいい病院だと挿管、ナート要ぐらいの当直料。食事なしで普段は院長先生が当直?され隣にご自宅があるので当直室はなく病室を改造したような控室でした。ナースステーションも近いので少し緊張しましたが結局はじめに挨拶して帰るまで行くことはなかったです。
 自前のWi-FiとMacを持参。雑誌と文庫、弁当、オヤツにペットボトル。インスタントコーヒー。枕。寝るときのオペ着上下。洗面用具一式。これら持参しました。着いて院長先生にご挨拶したが「本当に助かります!」となんども言っていただき恐縮。結局留守番のような感じで深夜には自宅に帰って来てるので何かあればどうぞ‥な感じでした。結局朝までコールなく寝れました。まぁといってもいつ呼ばれるかわからないプレッシャーで何度かおきましたが‥

次の朝は更に伊勢方面で健診。まず国道沿いの牛丼チェーン店で朝定食食べて早めに到着。公民館のような会場で50人程度で終了。午後は伊勢神宮。海鮮の美味しいお店でランチして高速でゆっくり帰りました。派遣会社から交通費が少ないけど大丈夫か?という確認が事前にきたが当直で3000円、健診で5000円非課税ででるので足は出るかわからないが全く問題なかった。遠方バイトはなかなか楽しいかもしれない


・・・・・・・・・・・・・・・・
ここから広告です
私自身フリーターなので案件はほとんど派遣会社経由です
医師の求人・転職・募集ならMC-ドクターズネット






結構名称がややこしいんですが
医師の転職・アルバイト支援サービスの(株)メディカル・コンシェルジュがやってる
MC-ドクターズネットというサイトです
当ブログからの入会がかなり多い会社です
posted by nkd48 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーター医師とマンネリ

よく勤務医の友達と食事にいくと
「気楽でいいね。」
といわれ羨ましそうに言われます。
しかし彼らはフリーターになりたいとは口が裂けても言いません。将来性が不安定だからというのが1番だとおもいますがやはり他の医師からみた世間体というかそれが悪いんだと思います。

まぁそうなんでしょう。しかしフリーターになってはや三年も四年も経つと他の医師からどう言われても別にどうでもよくて自分の人生やら生活を考えてたらそんなこと気にしてる暇はありません。

なんですが・・・・・最近切実なのが所謂マンネリです。それはわかってて仕事と割り切ってやっていたんですが学会や講演会、セミナーに行って知識をアップデートしたり文献を読んだりしてそのときは充実しててもやれそこで得たモノを使うことがなくなってきて虚しくなることが出てきました。

結局、丸一日の健診は出来るだけ少なくすることにしました。とくに昼休みが少なくさらに午後も午前の勢いでくる案件はかなり凹みます(一般的に一日の健診の場合、午前多くても午後は比較的ガラガラということがおおいです)

空いた午後はジムに行って体を動かしています。久しぶりに受けた自分の健診でLDLやらA1Cやらがやばい数値になってきたからです。いつも自分が説明してる患者さん向けのメタボの資料を見て自分の不養生を痛感したからです。

しかしそうなるとやはり問題になるのが収入面になってきます。どこかで結局仕事を増やさないといけないわけです。結局選んだのが寝当直ということになりました。 つづく

ここから広告です
私自身フリーターなので案件はほとんど派遣会社経由です
医師の求人・転職・募集ならMC-ドクターズネット






結構名称がややこしいんですが
医師の転職・アルバイト支援サービスの(株)メディカル・コンシェルジュがやってる
MC-ドクターズネットというサイトです
posted by nkd48 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

最近のバイト状況

最近更新できておりません。
というのは
常勤が決まりました!!
‥ではなく
まったくかわりなくスポットバイトをちまちまやっておるからです。
夏といっても健診バイトはあるし定期非常勤バイトは熱中症で患者さん増えてるし夕方に終わりますがヘトヘトです。
やはり何らかの変化をつけないとと思いバイトに変化つけてみました。
それはやや遠方バイトです。これは私のホームは愛知県の片田舎ですが三重や岐阜の遠目にいってみたりしてます。まぁぶっちゃけペイもそんなに良くないんですが午前半日などにして帰りに美味しいものを食べてゆっくり帰ったりしてます。交通費が数千円なので足は出ることが多い出すが健診会社によっては高速代やガソリン代まで出してもらえます。しかし私のクルマの燃費だと全額というわけには行きませんがまぁお気楽にやっていけるのでたまに入れようと思います。次回は前泊バイトと寝当直について書きます。ご期待ください

・・・・・・・・・・・・
広告です。現在さまざまな派遣会社に登録しております
こちらは当直案件豊富です




m3が成約後でキャンセル多くこちらに切り替えます(アフィリエイトの話です
posted by nkd48 at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 近況:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

フリーター医の夏がまたやってくる

全く更新してないんですが
死んでません・・・まだ・・・

あいもかわらずフリーターで定期非常勤とスポットでなんとか食いつないでます。
やっぱりもう常勤とかもどれんですね・・・(話はちらほらあるけど・・)

さて最近は健診スポットが多いんですが受診数多すぎです。
午前150人とかざらです

しかし人数と疲労度はある程度比例しますがそれ以上に左右する因子がありますのでお話します
人数が少なくても疲れる要因としてまずあがるのが
住民健診でおばちゃん〜おばあちゃん!
これはもう胸部聴診だけでは帰ってくれません。後に健康相談などしてきて流れを止められます。

次が
会社などで若い女性社員のみ・・・
これは苦手です。胸部聴診でシャツなどすすんであげてくれるはずもなく
シャツを軽く前にだす程度
しかも服がタイトなので胸とシャツの間がせまく聴診器を下から入れるときにすげー神経使うわけです

というのも少しでも胸に手がふれようものならセクハラでクレームをつけられたりするからです。

次は
進行の順番がまずい
これはいろんなパターンがあるんですが
最近よくあるのが
採血後に5分止血してから診察

これのメリットとしては一気に押し寄せてこない!ということです
一定の間隔があくので細切れのネットサーフィンや読み物は余裕でできます

しかしデメリットとしては5分経っても入ってこない時があり渋滞
することです。イチイチ呼び入れるのは非常に苦痛です。

でも順番が一個前が視力検査とかだと患者さんがドカドカくるので休む暇がなくなります。
人数多くても細切れで休憩とれるとそう苦痛にはなりません

あと一回過去にあったんですが
午前80人という健診があったんですがこれはまぁ多すぎず半日にしてはこんなもんなんですが
9時開始なんですが8時50分ごろついたらいきなりはじめられそこから途切れず
終了10時すぎ。。。というのがありました。
これもこれでよかったですね

・・・・・
とまぁこんな感じですがやはり健診は体力勝負ですね

これから6月がおわったら夏になります。
以前も書いたかもしれないですが

夏のスポット健診はうまるのが非常に早いです
現在出ている7月や8月のスポットははやめにキープすることをおすすめします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当然私も登録しております



複数の登録会社の案件をまとめてみることもでき便利です。独自の案件も多数あります


posted by nkd48 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

よくある質問:健診バイトってどんな感じなの?

健診シーズンになり仕事が増えてきました。
フリーター医師にとって稼ぎ時といった感じです。フリーター医師といっても定期非常勤オンリーの場合年間で一定した仕事があります。逆にスポット案件ばかりで生計を立てている本当のフリーターのような医師は閑散期というものがあり7月以降の夏とか12月から2月といった冬の時期があり、この時期にに健診バイトがないので仕事がへり収入が不安定になります。そのため4月からの春と9月からの秋の健診シーズンは案件が増える時期に掛け持ちや連日、土曜までバイトは入れる必要があります。
スポット中心のフリーター医師
定期非常勤を多めに入れる方が安定性はありますが勤務医時代と違いもし休む場合の代診にかなり気をくばります。そのため勤務医時代より平日はしっかり昼間に働かないといけないので若干不安があります(たとえばインフルエンザにかかったりしたときに代診や常勤医にカバーしてもらったりできるか)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というわけで健診バイトなんですが、私の時代は研修医がバイトをするのが当然の時代でしたのでまず医者になって始めたバイトは健診と寝当直でした。しかし研修の必修化でバイトが禁止になって以降の先生になると健診バイトを経験しない先生が結構おられます。先日も健診バイトについての質問が来たので手順等を説明させていただきます。といってもたいした内容ではありません。所詮「医師免あったらだれでもできる」と陰口をたたかれるバイトですからね

健診バイトの勤務場所・集合時間などの確認
 特に普段から行き慣れているということは少ないと思います。かならず場所の確認。前もって前日などに住所や電話番号を見ておきましょう。「ナビがあるので」と安心しないようにしましょう。住所いれても小さな町工場などでてこないし場所がずれたりすることがありますのでパソコンやスマホで正確な場所を確認しましょう。また携帯の調子が悪くなる事もあるので念のためプリントアウトなどまでしておくといいですね。駐車場の有無も確認してください。自家用車不可の場合、電車などの時間を確認。駅からタクシーなど利用する場合も小さな駅だとタクシーがなく電話で手配がいる場合がありますので注意です。とりあえず時間には十分に余裕をもって出発してください

・健診の服装・持ち物
 服装は基本的に常識の範囲でといったところです。白衣は用意してくれる場合とそうでない場合があります。服は結構ラフな格好で行く人が多いのか最近健診会社から正装を指定してくる場合があります。スーツまでいかなくてもカッターシャツ、スラックスぐらいで行くのがいいでしょう。大手企業などの場合かなりラフな格好は浮きます。あと常勤先というか普段メインの病院のある先生によくあるんですがオペ着やケーシーで行く人がいますがこれらはやめた方がいいですね。女性の場合もあまり短いスカートや派手な格好しないほうがいいですね。よく2診などで女医さんと一緒になるとよこまで香水の匂いがする先生もいるんで気を付けましょう。
 聴診器は自分のものを用意することをおすすめします。人数が増えてくると自分の慣れていない聴診器では耳が痛くなることがあります。私は小さめの柔らかいイヤーピースをつけています

・健診の手順(一般健診
基本的には健診会場は広い部屋にそこにブースのように仕切りでパートが分かれています。受付、問診、採血、視力検査、心電図などでそこに診察のコーナーがありそこに待機になります。
 診察室には机、イスが二つあり、そこに受診者さんが入ってきて診察という感じになります。待機していれば受診者さんが入ってきて次に誘導という流れです。なので始めに次はどこに誘導するか担当者にしっかり聞いてください。
 健診内容は一般健診の場合胸部の聴診のみです。肺のラ音、心音の不整、心雑音ぐらいチェックします。他の項目は健診会社によって甲状腺の触診や眼瞼結膜の貧血までみるよう指導されることがありますが大規模で午前で100人を超えるような健診ではたいてい胸部の聴診のみです。
 この場合気をつけることは・・・健診の流れに乗せる・・ということです。たまに健診に不慣れな先生に多いのですがよく2診以上の健診でまったく受診者がさばかれずこちらにばっかり回ってくるのでよく聞いていると「今日は調子どうですか?」とか「靴下ぬいでむくみをみますね」とか信じられないことをしてちんたらやっているんです。これは医師としてはいいのですが健診でやることではありません。診察室の前のパイプイスに受診者が待っているんですがそこがあふれているときはスピードアップすべきです。あと健診会社から「女性の聴診は服の上からおこなってください」と注文される場合がありますのでその場合はそれに従います。「いや中年女性に多い僧帽弁の弁膜症は心尖部聞かないと・・・」といった気持ちもわかりますがブラジャーをはずしてもらったりせずそのまま聞いています。

 一般診察の他に工場などで有機溶剤などの特殊健診もある場合がありますがたいていマニュアルがありそれを見たら何をすればいいか項目がわかります。

・健診が終わったら
健診が終わるとたいてい担当の方が終了の旨をおしえてくれますのでそれで解散になります。初めての場合はその際に給与振込先など記入した書類や医師免許のコピーなど渡してください。

といった流れです。難しいことはありませんが初めての場合すこし戸惑うかもしれませんね。私の健診バイトデビューは研修医一年目の4月中旬頃でした・・・ああアレから10ホニャララ年たつのかぁ・・・年をとりました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当然私も登録しております



複数の登録会社の案件をまとめてみることもでき便利です。独自の案件も多数あります



posted by nkd48 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

(連絡事項)コメントいただける皆様へ

フリーターとして一応不安定で安定しております管理人です。
今回久しぶりのエントリーなんですが
このブログにコメントを結構たくさんいただけるんですがそのなかにかなり個人情報や
フリーターとしてかなりおいしい情報なども教授いただける方がおおいのですが
それを公開していいのかよくわかりませんので申し訳ないんですがコメントを公開したくない場合は
かならず非公開の旨をかならず明記していただけると幸いです
それ以外は自動的にこちらの返信なども含めて公開させていただきます
フリーター医師がまわりにすこしずつ増えてきたもののまだまだ情報がたりませんのでコメントなどいただけると非常にありがたいです。しかし誹謗中傷荒らしもあるんですがそのあたりは慣れてきました。
このごとも本ブログともよろしくおねがいします
posted by nkd48 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師転職・バイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする